« ご報告 | トップページ | ホメとか鍼とか・・・ 妊娠事情 »

2008年6月19日 (木)

ドッキドキ!本日、健診日

今回の妊娠、14週でお腹が張り出したアタシ。
花の時は27週で張り出し、28週の時に病院に行ったら

「切迫早産ですので、このまま入院してください」

とお医者さんに言われ、泣く暇もなく約2ヶ月の入院となった。

だから「お腹が張る=とってもよろしくない状況」
と頭の中にあって、案の定病院に電話したら

「この時期は早産ではなく流産という形になってしまいます。
初期の流産は胎児のほうに問題があるので
お母さんが頑張っても止めることはできないし
病院でも出来る処置はないんです」

と告げられました。

この電話から3週間が過ぎ、
今日は一ヶ月に一度の健診日でした。

お腹の張りも相変わらず続いていて
おまけに一昨日の夜は派手に吐いたので
先生から何を言われるかドキドキ・・・

一番最悪なのは
「赤ちゃんの心音が聞こえません」かな。
でも、昨日までは元気に動いていたし・・・。
花の時みたいに「このまま入院してください」もあるか。
もしくは「縫縮術をしましょう」と言われるか。
(縫縮術とは、赤ちゃんが早く産まれないように子宮の出口を縫う手術)
それがなくてもウテメリン(張り止めの薬)は処方されるだろうな・・・。
(この薬は副作用の吐き気が本当にひどくてあまり飲みたくない)

あ~、もう神様!!と神頼みまでして、いざ診察室へ。

ところが先生からは意外な言葉が。。。

「お腹が張るといっても、
その約40%は実は張っていないんです。
もし本当に張っていたとしても、
お腹の張りが早産に繋がるかというと
今は一概にそうとは言えないんです。
早産は「子宮頚管(子宮の出口)の長さ」で見ます。
愛さんは今のところちゃんと出口が閉じているので大丈夫ですよ」

とのこと。

私が
「ウテメリンも飲まなくて大丈夫なんですか?」
と聞いたら

「早産の危険性が出てきたときから飲んでもらいます」

だって。

やった~~~!

だけど、流産の危険性が消えたわけではないらしく
「出血したり破水してしまっては、流産を止めることはできません」
と、やっぱりこれについては厳しく言われました。

とりあえず、予想していた最悪なことにはならず
まずは一安心。
立つとお腹が張るから家事ができないので
当分はまだ実家にお世話になるかもしれないけれど
入院で花やオットと離ればなれなるよりはいい!
てか、赤ちゃんが今のところは元気みたいで
これがなによりも嬉しい。

そんなわけで、流産にならないようにあとは神様にお祈りをして
今後も安静に過ごしたいと思います。

まだ完全に安心できる訳ではないけれど
心配してくれたみなさま、どうもありがとうございます。
また体調を見て、UPしますので
どうぞよろしくおねがいします。

さて、今日は結構体調もいいのでもう少しだけ。


私は今回の妊娠で2つの産婦人科にかかって
今のところに決めたのですが、
先生によって言うことがずいぶん違うな~というのが
印象に残っています。

私は、いわゆる”高リスク妊婦”(前回の出産が早産だった)なので
今回の妊娠は病院を選ぶところから大変でした。
近くの総合病院では、次々に産科が閉鎖し
町の産院は「高リスクお断り」と張り紙が出され
花の出産は自宅で破水してからあっという間に産まれたので
(分娩所要時間はなんと50分!)遠くの病院へは通えないし
私のような妊婦は、産める病院がとても限られてしまいます。
最初に行った産院(花を産んで産院)では
「今回も早産になるリスクが高いため
安定期に入ったら「縫縮術」を行ってもらいます」
と言われました。
だけどこの手術は、縫ったら100%安心かというとそうではなく
縫っても張りが治まらなければやはり入院になってしまうし
何よりも、「状態を見て」ではなく「有無を言わさず」手術する
と言われて、それだけは避けたかった。

だけど今通っている産院は、
「縫縮術の可能性もあるけど、まずは様子をみましょう」と
言ってくれて、ただ、「小さな産院なので、なにかトラブルがあれば
提携している大学病院へ行っていただきます」とも言われました。

今回のこの張りも、きっと最初の産院ならば
今日みたいに安心して帰ってはこれなかったんじゃないかな。
手術だって薬だって、やらなくても良いのなら
やらないほうがいいに決まっている。
赤ちゃんが第一優先だから、お腹が張れば張り止めを飲むのは
当たり前だけど、
危険性がまだ見えないのに薬や手術をするのは母胎にも悪影響だから、
今の産院に出会えて本当によかったなぁと思います。

セカンドオピニオン(主治医以外の医師の意見を聞くこと)が
とても大切だと言うことを改めて考えました。
最初に見てもらった産院の先生は、
花の時にもお世話になったし
ガン検診や生理不順でもお世話になり
人柄もよくとても素敵な先生でした。
だから、せっかく初診で赤ちゃんの確認をしてもらったのに
「ここでまた産みましょうよ!」と言ってくださったのに
断るのは失礼なような気がしてとても悩みました。
でも先生の方針と私の考え方が一致しなければ
大切なお産なのに、きっと後悔すると思い
自分と意見の合う病院を探しました。
実際に断りの電話をしたときは、心が痛みましたが
今ではこれで良かったと思っています。

あまり参考になる話ではないかも知れませんが
こんなこともあるんだ~と、
何かの時、みなさまのお役にたてたらなと書いてみました。

それではまた~♪

|

« ご報告 | トップページ | ホメとか鍼とか・・・ 妊娠事情 »

コメント

今日はアタシにとっても喜ばしい日だったよ!
同じ出産の苦労をしているだけに、
その時々の状況や感情を察してしまって切なかったから。
これからも精一杯応援してるよ!!
可愛いベビーに会える日まで
気長に、心安らかに、今の生活の中でタマゴライフを楽しめるといいよね(^-^)
アタシはあんなに大変だった日々も今では懐かしいよ。
でも、もう寝たきりはゴメンだけど・・・(笑)

投稿: ひな | 2008年6月19日 (木) 21時57分

この間の不安を抱えたメールから数週間、
ずっとずっと心配していたよ。
今日の検診日までとても長く感じたけど、
無事にこの日を迎えられ、しかもよい方向の経過に
一安心しました。(^3^)
不安はずっとつきものだけど、
赤ちゃんに花といっぱい話し掛けてリラックスした
マタニティー生活を送ってね。

投稿: のぶこ | 2008年6月20日 (金) 02時54分

よかったね~。赤ちゃん元気で本当良かったね~。
不安だと、健診日までが長いよね・・・。
いい病院みたいだし、素敵な先生だし。
本当、安らかな日々が過ごせそうだね。

お産って、いつの時代からか病院主導になったけれど
実は「母自身が」生みたいように、産むもんだよね。
産みたいって決めて、いきんで。好きなように、産みたいよね。

愛さんが今回下した決断は、本当に「母自身の決断」
産み方を決めるには、まず産む場所決めなくちゃね♪

私も前回妊娠中に手術とか、お腹切ってるから
すごく分かるよ~。
なるべく、自分も、子供も負担がない方向で
やっていきたいよね。

ソフロロジーいいよ。
私、花をソフロで産んだの。
今でもたまにCDきくんだけどあの日が蘇ってきて~。
寝てしまう・・・zzz
リラックスしすぎ??

投稿: よしこ | 2008年6月20日 (金) 22時53分

愛ちゃん、お腹の赤ちゃんが元気で本当によかったねo(^-^)o もう胎動を感じるの?どう?やっぱり花ちゃんの時とは違う? あ~!私も もう一度胎動を感じたーい!!(笑)
先日のメールに添付してもらった愛&花heart02笑顔で元気そうだったから本当に嬉しかったよ(=^▽^=)そうそう、花ちゃんのトイレのムービーを信ちゃんから見せてもらったよ!もう完璧だね!素晴らしい(☆o☆)今カズは全くダメなの…理由があるんだけどね…(涙)今度聞いてね。

投稿: かずきち | 2008年6月22日 (日) 15時02分

花ちゃんのとき早めのお産だったから今回も心配なんだよね。
私は幸い早産にはなったことがないけど(三男は38週の日に次男に蹴飛ばされ破水し、出産)やっぱりいろいろかんがえちゃうよね。

一人目のときおなかがはっている。とおもっていたのがそれが違かったり(勘違いは愛ちゃんと一緒♪)いろんなことがあったよ。

今はきっとリラックスしてね!と赤ちゃんが言っているんだと思う。
だから実母にしっかり甘えちゃったほうがいいかもね!

これからいろんなことあるかもしれないけどがんばって!!!


追伸:愛ちゃんってきっと私よりずーーーと若いんだろうけど、考え方が大人でびっくりです。

投稿: さとみん | 2008年6月23日 (月) 12時24分

ひなちゃん>
ひなちゃんのメールでは本当にいつも助けられて
安心感をたくさんもらっています。
同じ経験をしている人が友達にいて良かった~~。
ひなちゃんがいなかったら、アタシはきっと毎日めそめそ
泣いていたよ。
切迫早産経験者はこれからが正念場だよね。
またへこたれそうになったらよろしくね(>_<)
アタシももう入院は嫌~~。
でも無事に産めたら、きっといい思い出になるよね♪

のぶこ>
あたしも前回の健診から今回の健診まで
異様に長く感じたよ。
早く今どんな状態か聞きたかったけど
聞くのもまた怖くて、せっかくきた健診日だったのに
朝は生きた心地がしなかったわ。
でも、悪い結果ではなかったから、安心できるお知らせが
みんなにできて良かった。
つわりがもう少し軽くなればのぶこに会えるかな。
早く会いたいね。

よしこさん>
よしこさんも花ちゃんがお腹にいるときに
手術したりして大変だったんだよね・・・。
出産は本当に大変だけど、色々要領がわかっている二人目は
一人目よりも、自分自身のやりたいように出産したいな
って思う。けど・・・やっぱり高リスク妊婦にはなかなか
叶わない願いなようで。。。
ソフロロジーのこと、アタシは通っている産院のHPに書いてある
ことしか知らないので、
前回のコメントに書いた「陣痛のスイッチ」の話しか
知らなかったけど、CD聞いたりもするんだね~。
体調の良いときに少し調べてみよう。
実はソフロロジーで産みたくて、というわけではなく
縫縮術をしなくても済みそうな産院が
たまたまソフロロジーをやっていただけだったんだけど
HPみて「こんなふうに考える先生はいいな♪」って
あとから思ったんだ。
産科が減って、なかなか自分の思い通りの産院が
見つからないこんなご時世に
良さそうな産院に巡り会えてよかった!ついてるな、アタシ!

かずきちちゃま>
胎動はずいぶん早くから感じていたんだよ、実は。
花の時よりも一ヶ月以上も早くから。
二人目はお腹の様子も敏感に感じ取れるように
なるみたいだからかな?(だから張りも早くから感じたらしい)
胎動を感じるとやっぱり幸せ。
アタシは特に張りもあって毎日生きているか心配だから
幸せ、というより安心。
この胎動がずっと感じられていたらいいな。
花のトイトレは順調。
でも全然「完璧」ではないよ!もらしたりもらさなかったりw
ウンチはまだ嫌がってトイレじゃできないしね。
こればかりは子供のやる気次第だから
焦らずにのんびり~が一番だね!
かずくんはトイトレ一時中断なのかな?
なにやらわけがあるみたいだね。今度聞かせてね~!

さとみん>
けっ飛ばされて破水って!!そりゃ~びっくりだわ☆
でも36週は超えていて良かったね。。。
私は早くに家を出ちゃったから(彼と同棲するために^^;)
当時してあげられなかったお世話を今愛にしてあげられて
幸せだ、なんて実母は言ってくれているので
本当に居心地がいいよ。
お腹の赤ちゃんにも良い環境だと思うわ~。
もうずいぶん長い間実家にいっぱなしだから
たまに自宅に帰りたくなるけどね・・・w
ところで、さとみんはたぶんすごい勘違いをしていると思う!
アタシ若くないよ。31ですよ、31w

投稿: 愛 | 2008年6月28日 (土) 18時45分

ええ???
31?

てっきり25くらいかとおもった。。。

投稿: さとみん | 2008年7月 1日 (火) 12時08分

さとみん>
あ、やっぱり勘違いしていた!www
25と言ったらアタシは結婚した年だわ。
どこで「若い」って印象を与えてしまったんだろう・・^^;

投稿: 愛 | 2008年7月 6日 (日) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご報告 | トップページ | ホメとか鍼とか・・・ 妊娠事情 »