« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月19日 (土)

本日、健診日!(21週)

いつのまにか7月も中旬を越しましたね~。
最近週末は自宅に帰っているせいか、
一ヶ月が少しだけ早く感じられるようになりました。
5月・6月なんて一ヶ月が80日くらいあるように思えたけど。
まぁそれだけ体調が優れなかったんだろうな。
ってことは、あの頃よりずいぶん良くなっているのかぁ・・・。
毎日暑いから、もうつわりなんだか夏バテなんだか
わからないこの吐き気。
早くこれから解放されたいわ~(>_<)

さて、本日6回目の健診日!
お腹の赤ちゃんは現在21週とたぶん6日。

今回も特に異常はなく、成長も順調。
子宮頚管の長さも36ミリと長さを保ってて
早産の危険性も今のところ3%ととても低い。
(30ミリを下回ると、早産の危険性が出て処置が必要)
お腹は張っているけど、危険性が高いわけではないので
ウテメリン(張り止め)も処方されませんでした。

ふ~、セーフセーフ!!

今日は普通の健診の他に「血糖値」(糖尿病)の検査もしました。
この検査、花の時はやらなかったんだけど
新しく検査項目に加わったのかな?それとも病院が違うから?
前の晩の9時から飲み食い一切禁止!
今日は朝一の健診時間だけど、
胃の中に何かが入っていてもいなくても吐き気のあるアタシには
ひじょう~~~に過酷なこの検査。

前回の会計のときに
「ご飯を食べないで来てもらって、こちらでジュースを飲んでいただきます」
と言われていたけど、
検査に使われるジュースって??
頼むからどうか市販されている普通のジュースであって!
と、期待半分、「そんなわけないか・・・」とあきらめ半分。

呼ばれて個室に入ってみると・・・・


あ~、やっぱり医療用の飲み物ね・・・・(-_-)

その液体は、150mlの炭酸飲料。
注がれたコップからプツプツと泡立っている・・・。

空腹時に炭酸はキツイって~~~~(T_T)

だけど、そのビンを見てみると「味の素」が製造元のようで
なんとなく、すこーしだけ安心。。。

んで、そのお味はというと。
味はサイダーに似ているけどもっと甘くてシロップみたい。
これをお腹すきすき状態でコップ一杯って
ただでなくても、もう吐きそうでさっきから咳とゲップばっかなのに~。
看護婦さんに励まされながら、何とか完食(完飲?)!

お腹がふくれてゲップばかりを繰り返しながら
待つこと1時間。
指先に針を刺し、採血して数値がでる。
「155以下なら大丈夫!」の看護士さんの言葉。
そしてアタシの数値は


152!

ギリギリじゃん!!あぶね~~~~(笑)


と、いうわけで。
今回の健診、普通の健診も血糖値の検査も
無事問題なしで安心して帰宅してきました。

花の時に切迫早産で入院したのは28週。
今、21週だからあと約2ヶ月後がどうなっているか不安なとき。
経験者のひなちゃんから
「花の時危なかった週数は、今回もたぶん危険になるときだから
要注意だよ!」とありがたいアドバイスをもらっているので
そこまでは、先生に大丈夫って言われていても気が抜けないわ!
このまま、何事もなく無事に出産できるといいな~。


| | コメント (5)

2008年7月 6日 (日)

お姉さんになった花

P1000917_3 













今月で3歳になる花。

ついこの前まで

「なんでこの子こんなに手がかかるんだろう・・」

なんてグッタリしていたのに
最近の花はものすごい成長を遂げ、一気に「お姉さん」に
なってしまいました。

アタシが妊娠し、つわりがひどくて実家に帰ってからというもの
行動も言動もまるで2歳とは思えないほど大人びて
うちのおかんも義母も友達もみんなびっくりです。

アタシが寝たきり状態だったとき、
「花がいるから大丈夫だよ」と側で言ってくれたり、
隣の部屋に遊びに行こうとする花の袖を冗談で引っ張ったら
「花はどこにもいかないよ。すぐ戻ってくるから安心してね」
と、優しい言葉をかけてくれます。

この言葉には本当に泣けました。

今まではアタシと一緒じゃなければ寝付けなかったのに
おかんと一緒に寝たり
やめられなかったフォローアップミルクも
「赤ちゃんが産まれたらあげるの」と無事卒業!

おかんがいきなり始めたトイレトレーニングも
今では自分で便器にあがり、自分でペーパーを出して拭いて
手を洗ってちゃんと一人で戻ってくる。
(まだたま~に漏らしたりもするけどね)

子供ってまわりの状況をみて
ちゃんとそれにあった行動を自覚して、覚悟してするんだね・・・。

甘ったれで泣き虫でいつも抱っこだった花が
自立する心を養って、アタシから少し離れてしまいました。
これは思ったよりも寂しかったけど
アタシのために、そして赤ちゃんのためにと
一生懸命頑張ってくれていることなので
アタシも親として暖かい気持ちで見守ってあげたいなと思います。

| | コメント (4)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »