« なんの検査か少しわかった!?(31週4日) | トップページ | 週刊 「そーなんだ!」 »

2008年9月27日 (土)

本日健診日!(31週6日)

なんとか31週までくることができました。
立て続けの検査はあったものの、入院もなく、転院もなく、
薬を飲むだけでここまでこれるとは・・・奇跡だな~。。。

今日は定期的な健診と、先々週の検査の結果を聞き
最後の「早産物質」の検査をしてきました。

検査の結果は、またしてもマイナス!
今日やった検査で(結果はまた2週間後)陰性とでれば
そのときはもう33週なので、このまま早産にならずに
いけるでしょう、とのこと。
だから今日の検査が最後の検査。
結果がマイナスだったらいいな~。

子宮頚管の長さも24㎜で、前回とほぼ一緒。
相変わらず薄いので、早産の危険性はあるけれど
即入院!ということは今回もナシ。
また安心して家に帰ってくることができました。

さて、アタシが通っている産婦人科、
母子手帳に赤い印(赤丸や赤いハンコ)をつけられることが
あるんだけど
それは「あまりよくない」という印らしい。
尿蛋白はいつも「-+」に赤丸がつけられていて
17週から26週までの体重には赤い「おかめ」のハンコが
押されていました。
(これは「体重増えすぎ」の意味らしい・・)
そして27週、切迫早産と診断されたときから
頚管長の長さに赤丸がつけられていた。
同じく27週のとき、「子宮底長」(お腹の大きさ)とう欄に赤丸がつけられ、
今日もまた赤丸がついていたので、先生に
「この赤丸はなんですか?」と聞いたら
なんと、「お腹が標準より少し大きめってことです」と言われて
ビックリ!!!!!

花は全然大きくならず、産まれたときは2100グラムだった。
2500グラム以下は「低体重児」と言われ
「分娩後の異常」という部類にいれられてしまいます。
花は小さかったけどとても元気だったのでよかったけど
普通、2100グラムなんかで産まれた子は
だいたいが保育器にいれられてしまうと思う。
だからまた小さい子が産まれたら・・・と、ちょっと不安だった
んだけど、どうやらその心配はなさそう。
っていうか、逆に「でかいと産むの大変??」なんて不安が
出てきたわ。。。
花の時は、小さくても会陰を切っての出産だったので
あの痛みはもう勘弁してほしい(>_<)
次回の健診で赤ちゃんの大きさをみます。
どうか、普通くらいの大きさでありますように・・・。



|

« なんの検査か少しわかった!?(31週4日) | トップページ | 週刊 「そーなんだ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんの検査か少しわかった!?(31週4日) | トップページ | 週刊 「そーなんだ!」 »