« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月21日 (水)

結婚記念日

100421_184859

4月21日。今日はアタシ達夫婦の結婚記念日です♪

昨年の記念日は夜になって急に思い出し
その前の年はすっかり忘れててスルー。
その前の年もやはり当日の夜思い出し、と
いつもズボラなアタシ達だけど
今年は忘れずにお祝いすることができました。

しかし、前日妹から「結婚して何年になったの?と聞かれた時には
「2005年に結婚したので今年で6年」と答えたけど
実は「2002年に結婚したので今年で丸8年」だったのよね。。。
やっぱりなにかが抜けている・・・。

たぶんオットは忘れていると思ったけど
そんなことは気にせず
とりあえずケーキを用意してオットの帰宅待ち。

しかし、帰ってきたオットの手には大量のお菓子!
「お土産だよ~(^-^)」の言葉に嬉しくなったけど
オット、ケーキ見て

「あれ?今日結婚記念日?」

の言葉には愕然・・・。

愛 「・・・そのお菓子は?」

オット 「・・・たまたま買ってきただけ(^_^;)」

どうでしょうか?この夫婦(笑)
どうせお祝いがちゃんとできてもこんな感じよね、アタシ達は。。。

来年はどうなることやら・・・。
まぁなにはともあれ、今年は忘れずに祝う事ができてよかった。

| | コメント (2)

2010年4月15日 (木)

初登園から今日まで

100413_112537 100414_125525

今年は満開になりそうな庭の梨の花。
幼稚園に向かう花の頭上をそっと彩っています。

月曜日から花が幼稚園に通っています。
今日で通園4日目。
だいぶ慣れてきたけれど、最初はえらい大変だった~っっ

まず、初登園の前の晩、
『幼稚園に行くのが怖い(>_<)』と大泣き。
小さいころからアタシにべったりなので、これは予想通りの泣き!
まず「お母さんから離れて一人で行くのは不安だよね」
となぐさめ
「でも、幼稚園は花が思っているほど怖いところではないよ」
と励まし、ひとまず就寝。
次の日の朝も、起きてきて早々同じように泣いたので
出かける時間までしばらく抱っこで気持ちを落ち着かせたわ。
だけど気持ちの切り替えだけは異様に得意な花!
バスが来るまであと10分って頃には
「やっぱり幼稚園、楽しみかも♪」なんて飛び跳ねていたよ(笑)

初日は粘土で遊んで帰ってきたみたい。
幼稚園での様子をすごく楽しそうに話してくれたよ。
一つ心配なのが足の甲にだけできている蕁麻疹。
ストレスか、それとも新しい靴下のせいか・・・。

翌日の明け方「痒い~~(>_<)」と起こされた!
みたら腰やお腹にボツボツと蕁麻疹ができていたよ。
薬がなかったので久しぶりにホメオパシーの登場。
たぶんストレスだろうと思い
「ネイチュミュア」(過労、感情的なことから生じる蕁麻疹)を
一粒なめなめ。
それでも腫れがひかないので
「ソーファー」(非常にかゆい蕁麻疹)をあげたら
フワァ~と腫れが引き、本人はケロっと
「バスで幼稚園にいくぞー!」と出かけていっちゃった。

二日目もまた粘土や折り紙を折ったみたい。
それから遊戯室でも遊んだみたい。
午後はクラス懇談会で役員決め。
ほぼ全員が何かしらの役員にならなきゃならなかったので
友達と「お掃除係」に立候補したんだけど
4人中6人と立候補者が多かったため
とっても人気のない広報係に友達と移動・・・。
だけどこれが後から聞いてみれば案外仕事が少なく
穴場な係でラッキー(^-^)
午後もたっぷり遊んで帰った花は
家に着いたとたん「痒い~~~~」と大泣き。
見たら今度は手首や腕にまで蕁麻疹。
朝、病院にいっておけばよかった~(>_<)
しょうがないからまたホメの出番。
とにかく痒そうだったので「アーセニカム」(かゆみが強い蕁麻疹)
をあげて冷やしたら、夜にはおさまり
「明日はやっぱ病院にはいなか~い」だって(-.-)

三日目。
もう当然朝から病院。
蕁麻疹はもうでていなかったけど、あの痒がり方は尋常じゃないし
ホメで治してあげられるほど気持ちも時間も余裕がないからね。
皮膚科ではやっぱり「環境の変化によるストレスかなぁ」と言われ
飲み薬と塗り薬が処方されました。
病院が終わってから幼稚園へGO!
教室まで送って行ったので、中の様子がみれたわ♪
まだ自由時間だったみたいで、みんな各々のお友達と数人で輪になり
楽しそうに遊んでいました。

さて、四日目の今日。
いつもと変わらず元気にバスに乗りでかけていきました。
蕁麻疹もなく、体調もよさそう。
もう最初の不安はまったくないようで
着替えたら鞄を背負い、帽子をかぶって嬉しそうに出て行きます。
帰りも笑顔で帰宅。
幼稚園での出来事はこちらから聞かないと話してこないけど
花ならきっと楽しくやっているんだろうな。
担任の先生はベテラン先生なので、アタシの不安もまったくナシ!
初日はあまりにも泣いたので、連絡ノートに
「昨晩、幼稚園が怖いと泣きました」って書いたら
わざわざ電話をしてきてくれたよ。
でも話を聞くと
「お友達と楽しく「さんぽ」を大声で歌っていた」とか
「進級児さんにお手本を見せてもらうために前に呼んだら
花も立って前にきた」とか
いつものお調子者な感じで、安心っていうより呆れちゃったよ(笑)

花に「幼稚園はどう?」って聞くと「楽しいよ♪」って答えるけど
蕁麻疹は体からの「無理しているよ」っていうサインだった
んだと思う。
そう思うと「楽しいよ♪」も本心で言っているのかわからず心配で
少し心が痛くなったわ。
だけど、こればかりは代わることはできず
自分で頑張っていかなきゃならないことだもんね。
無理しなくていいから、少しずつ、この環境に慣れていってもらいたいな。

明日からはいよいよ一日保育でお弁当を持っていきます。
午前中を頑張り、ほっと一息つくお昼の時間に
「お母さんはいつも応援しているよ(^-^)」
と花が感じてくれるような
気張らない、安心できるような、そんなお弁当を作ってあげたいな♪



| | コメント (3)

2010年4月11日 (日)

アルバム整理

100411_012402

久しぶりに子供たちの写真を見ようとアルバムを開いたら
なんと温のアルバムが生後5ヵ月までしか
整理されてなかった~~~っ

ってことで、アルバム整理をしてみたよ!

アタシの妹が
『二人目は写真が少ない(T_T)』 と散々愚痴を言っていたので
二番目の子にそういう思いをさせないよう
花の時からなるべく頑張らず、
二人目の時も同じくらいのものを作ってあげれるようにと
アルバム作成は1歳までとし、枚数も1ヶ月間で8枚までと
決めて作っていました。

なのに!!

やっぱり二人目って可哀そう・・・。
アルバムがどうこうよりも、写真自体の枚数が
圧倒的に一人目よりも少ないし
数はあっても同じ日の撮影がやたら多い・・・。

確かに思い起こしてみると、花の時は
「うわ~、可愛い♪この顔写真に撮っておこー」
的な気持ちでの撮影が多かったけど
温に至っては
「やばい、最近撮ってないから撮らなきゃっっ」
と焦って撮ることが多かったな~(>_<)

こんなに頑張って毎月写真を撮ってきたのに
ひと月8枚どころか、4枚にも満たない月があったりして
(あ、もちろん「写りの良い写真が」ってことなんだけど)
温には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でもまぁなんとか形にはなり
ようやくさっき温のアルバムが完成!!

花と温を見比べてみると
花はぶすくれた顔ばかりで全然可愛くない(笑)
でもハイハイが遅かったから、ぶれずにきれいに撮れているわ。
温はよく笑い、写真を見ているだけで幸せな気持ちになるけど
よく動くからぶれてぼやけてきれいに撮れていない写真ばかり。
花は泣き虫でグズグズっ子
温は暴れてグズグズっ子 とまぁどちらもよく泣き、手のかかる子だ。
泣き顔の写真も、暴れてぼやけている写真もおおいこと、おおいこと。

花が幼稚園に行きだしたら、どのくらい楽になるかしら?
これを機に、温の夜泣きもおさまってほしいな~。
(8ヵ月から今もまだ、ほぼ毎日夜泣きです)

| | コメント (5)

2010年4月 9日 (金)

入園式

P1010889

今日は花の入園式でした。

4年間一生懸命育ててきた我が子が
ついに私から離れて小さな社会へと旅立ったわ。
なんか感無量~。

しかし、式は母子での着席だったので
花はアタシに甘えてグデグデ・・・。
周りの子も飽きてきて、立ったりしゃがんだりしている子はいたけど
椅子から二回も転がり落ちたのは花だけだったよ(-.-)
んも~、今日から幼稚園生なのにー!
大丈夫かなぁ~。心配だな~。

でも教室に行ってからはちゃんと先生の話も聞けて
とても楽しそうだったので、ひとまず幼稚園の印象は良さそうで安心♪

通園バスも家の前に止まってくれることになり
こちらも温の事を考えるととてもありがたい。
月曜日からの通園が今から楽しみです。


この4年間、色々思い返してみると
本当に大変だったな~と改めて実感。
おとなしくて育てやすい子であってほしかったけど
育ててみれば正反対の活発な女の子で口も達者(>_<)
温も花と同様激しい子なので
この二人の育児にアタシはいつもグッタリだったよ・・・。
でも、4月の入園式が近づくにつれ
なんだかこの慌ただしかった日々がやけに懐かしく思えて
この手から離れて行くのがとても寂しく思えた。
だけど、今日、制服を着て楽しそうに先生の話を聞いている花をみて
やっぱりいつまでも手元に置いておくのではなく
社会に送り、色々な経験をさせてあげるのも親の義務なんだなって思った。
3年保育ではなく、2年保育にして本当に良かった。
花と過ごしたこの1年間は、アタシの心の準備期間でもあったのかな。

これからの幼稚園での生活が
花の人生において、かけがえのない時間になりますように・・・。



| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »