« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

おしゃべり

オムツは自分でゴミ箱に捨てに行き
靴下やズボンも自分で履くし
「ないないしよっか」といえばお片付けもちゃんとする。
ほじくった鼻くそだってゴミ箱に捨てに行っちゃう。

でも、そんなことまでしなくていいから


そろそろ、しゃべってくれよ~(笑)


温、1歳10ヶ月。
まだ、なーんにもしゃべりません・・・。

花はこの時期はもう二語文をしゃべっていたのになー。
小児科の先生に一応相談してみたら
「きっと、しゃべる必要がないからでしょ(笑)」と言われました。
男の子はしゃべりが遅いとはよく聞いていたけど
まさかこんなに遅いとは。。。
アタシと花がしゃべりまくっているから
おとな~しくしているのかしら。

今までに
テレビ「みいつけた!」(NHK)を見ながら
歌に合わせて「みーちゅけたぁ」と言ったのが一回と
「おーあーよぉー」(おはよう)と言ったのが1回だけで
それからは全くしゃべっていません。
(赤ちゃんみたいに「アー」とか「ウー」とかはしゃべるんだけどね)

温が話し出したら感動するんだろうな~。
楽しみだなー♪

| | コメント (4)

2010年9月28日 (火)

我が家に子供ができる前
オットは子供がとーーっても苦手だったのに
花が生まれてから一変。
花が可愛いようで、それはそれはすごい可愛がりっぷり。

いまいちだ、いまいちだ、と言っていた花の顔も
アタシが『でも、最近たま~に可愛く見える時もあるんだよね』
と言ったら
『俺はいつだって可愛く見える』といい
どんだけ好きなんだよ と聞いてみたら
『なんかね~、恋人みたいな感じ?』
と驚きの発言!!

確かに、(寝顔は)やたら愛おしく思え
なんとなくその気持ちもわかる。

だけど。
花の顔を「可愛い」「好き」と言いながら
アタシに向かって
「本当に愛と花は似ていないよね」
というのは、いささか失礼だと思わないのだろうか・・・。

| | コメント (3)

2010年9月16日 (木)

読書

ダン・ブラウンの『ロスト・シンボル』を読んでいます。

オットが珍しく読んでみたいと言ったので買ってみました。
(オットは普段、漫画しか読みません)
読みかけの小説が他にあるんだけど
オットよりアタシの方が読むのが早いので
こっちから先に読んでいます。
だけど温の昼寝の時間しか読めないので
なかなか前に進みません。しかも上下巻。
しかも結構ぶ厚い。
だけど、これ、久しぶりにハマってます。

内容はフリーメイソンを巡って謎が起こるお話です。
フリーメイソンってなんだか知ってる??
アタシはなーんも知らなかったのですが
ジョージ・ワシントンやモーツアルト、日本人では鳩山一郎元首相
なども加盟していたという、謎多き秘密結社の事です。

色々な宗教のどれに属していても入れるけど
そういった信仰がないと入れない、とか
(でも宗教を信仰していなくても神の存在を信じるものは入れる、とか)
男性しか入れない、とか。
自分が会員だということは話してもいいけど
他に誰が会員かってことは話しちゃだめ、とか。
自由なようでも自由じゃない。
自由だけど、なんか厳粛。
そして、具体的な活動が非公開ってのもまた怪しい。
色々な儀式があるみたいだけど、それも秘密。
秘密・秘密・秘密。
でもアメリカの1ドル札にはフリーメイソンのシンボルが
記されているんだって。
表に描かれているジョージ・ワシントンが
フリーメイソンだったからって理由だけで?
秘密ってのはちょっと怖いです。

さて、ダン・ブラウンの小説を読むのはこれが二作目ですが
以前読んだのは、かの有名な
「ダビンチ・コード」です。
ダビンチ・コードは上・中・下巻あったのですが
あれもすいすい読んで、とっても楽しかったです。
小説を読んだ後にDVDを見たのですが
あれは割愛しすぎてわけがわからなかったな~。
小説から入ってよかった~。

「ロスト・シンボル」
もし興味があったらぜひ読んでみてください。

あ、それから劇団ひとりの最新作「青天の霹靂」も
おもしろかったです。

漫画好きなアタシですが、意外と小説も好きです。
読書の秋ですからね~。
なにかに読みふけるのも、たまにはいいね♪

| | コメント (3)

2010年9月 6日 (月)

本当は優しい子

花がまだ3歳で、温がお腹にいるころ。

つわりで体調が悪く、ずっと実家で寝たきりだったアタシに
花はよく

「花がお母さんを守ってあげるからね」

と言ってくれていたのに。

最近そんな優しさみていないな~、なんてしみじみ思っていた矢先
とんでもない優しさを久しぶりに見て感動したことがありました。

それは、とある夕飯時のこと。

出来立てほやほやの焼きそばを片手に
キッチンとリビングの境にある子供進入防止用のゲートを
開けようとした、その瞬間!

「ガシャーーン」

って、手が滑って焼きそばが床に飛び散った!!

「あーーー!><」
と大声を張り上げたアタシのそばにすかさず花が寄ってきて

「大丈夫!花がちゃんときれいにしてあげるから!」
「お母さんはなにもしないで!」

と、まだアツアツの焼きそばを素手で皿に戻し


「全部をお皿に戻すのは大変だからこのまま食べちゃう!」
「だから大丈夫、泣かないで!」と

これまた素手で口の中に放り込む花。


あぁ・・そうだよ。
本当は優しい子だったんだよね(T-T)

この姿を見て、たまには花に頼ってもいいんだよな~って思いました。
アタシはいつだって疲れたら花の膝枕で癒してもらい
花の優しさに気持ちを穏やかにしてきたのに
最近忙しくて、そんな時間をすっかり忘れていたわ。

優しくしたり、優しくされたり。
アタシだけが「お母さん」を頑張るのではなく
子供と一緒に、色々な気持ちになって
成長していくのが「親子」なんだよね♪

| | コメント (3)

2010年9月 2日 (木)

男の本能?

寝る前の温はとにかくすごい。
っていうか、激しい。

まず、彼はアタシのぶよぶよしたお腹が大好きで
洋服をめくりあげて、すごい勢いで顔をうずめてきます。
んで、両手は腰や背中の方に回して
ギュっときつく抱きつきます。
腹で安らぐと今度は首の方に近づいてきて
首やら顎に顔を押し当ててきます。
首も角度を変えて、右に行ったり左に行ったり。

重くてどけると泣いて寝ないので
アタシはひたすらマグロ状態でこの愛撫(?)に堪えています。

・・・愛情を感じるかって?

答えは「ノー」です。
お腹の上で、ゴンゴン頭突きされたり
首やみぞおちにグイグイひじを置くキツさを想像してみてください。
はっきり言って苦しくて涙がでます。

これが大人の男だったら、この激しさは変態です。
でも、温も十分変態に思えます。

「エロ隊長」と呼ばれるアタシですが
さすがに息子にはムラムラきませんでした(笑)

そういえば、変な話ですが、温はよく腰を振っています。

赤ちゃんの頃も、あおむけに寝かせると腰を振っていたし
今はアタシの上に乗ると、やっぱり腰を振ってきます。
これをやるのは、男の子だけ??
花には見られない行動なので、男の本能でこうしているのかと・・・。
考えすぎかしら?(笑)

| | コメント (4)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »