« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月13日 (金)

ガーベラ

110513_093703

今日買ったお花はガーベラ。

あんまり長持ちしないので
なるべく違う花を買うように・・・と思っているのに
どーしても目に留まって買っちゃうのよね。。。
でも部屋に飾ると優し~い気持ちになります。

疲れがたまると花を飾りたくなるのは
なにか体からのサインなのかしら?
花を飾るとなにか効果があるのかな。

| | コメント (4)

2011年5月12日 (木)

男の子ですからネ~

男の子の母なので、今日は温のチンチンネタを(笑)

2ヶ月ほど前からいきなりチンチンを触りだした温。
その様子は

「オレにこんなものがついていた!!(゚o゚)」

っていう発見から始まり(←あくまで想像)

「どんなになるか調べまくってるぜ!」(←これもあくまで想像)

って感じで毎日毎日、時間があるたびに触ってます。

いじいじしている時の丸まった背中がなんとも可愛い(笑)

精神的に不安定って感じでもなさそうで
そういう時期、というか、本当に色々研究し試している様子なので
手が綺麗な時はそのまま触らせて、アタシもその様子をじっくり観察(笑)

そしたらある日、痛がるようにいきなり泣き出したの。
触るたびにヒーヒー泣くの!
赤くなっているわけじゃないから
ばい菌が入ったって感じでもなさそうだし。。。

で、しばらく花が心配して温の様子を見ていたら

突然!!!


「お母さんっっっ 

温のチンチンの先からsweat01

もう1つチンチンが出てきたっっΣ(゚д゚lll)」


って、すごい形相で叫んできた!!
もうアタシは大爆笑!!(笑)

男の子ですからね~。
色々事情があるんですよ(笑)

| | コメント (4)

2011年5月 6日 (金)

落し物

久しぶりに温とお散歩。
近くの河原を2時間近くかけてのんびり歩いてきました。
お腹がすいてもう家に帰りたいのに
座ったり寝そべったり石拾ったりと自由な温。
途中で歩きたくなくなったグズる温を抱えて
昼前にようやく家にたどり着くと

あれ??鍵がない・・・Σ(゚д゚;)

左のポケットに鍵を、右のポケットに温のガーゼを
入れておいたのは間違いなく
途中で鼻を拭くためにガーゼを取り出そうとしたときは
確実にあった鍵。

ってことは、川原で落とした確率100%・・・。

以前の教訓(詳しくはコチラ)を生かし
お庭にそっと忍ばせておいた鍵で中に入り
お昼ご飯を食べ、温を昼寝で寝かしつけて
慌てて元行った河原へdash

整備された遊歩道ではなく、川っぺりの草むらを
ガツガツ歩いたアタシ・・・。
あ~、普通に遊歩道を歩いていればよかった(>_<)

うちのカギは電子キーで簡単にスペアキーは作れない。
し、また頼むならお金もかかる。
それよりも、同期のヨシミからもらった
ハートのキーホルダーが一緒になくなったのが
も~悲しくて悲しくて。

ちょっと半べそになりながら
あっちをうろうろ、こっちをうろうろ
こんな広く草がボーボーに生えた河原で
あんなに小さな鍵なんて見つかりっこないよ(ノ_-。)


なんて思っていたら・・・

110506_125246

遊歩道から川っぺりに下る階段の草の中に
大事な大事なカギを発見!!!
赤いハートのキーホルダーが
「ここにいるよ~」と教えているかのように
ポチンとそこに落ちてました。

最近、ちょっと「奇跡ってやっぱりないんじゃないか」
と思い始めていたアタシ。
でも、今日、この広い河原で、
草むらではなく、この目立つところに落ちた鍵と
それを見つけたアタシは
少しだけ、また奇跡が信じられる気がした。
「どうせダメなんだから」とあきらめる気持ちよりも
前向きに考えられる気持ちが
こうして少しずつ取り戻せたらいいな。

| | コメント (2)

2011年5月 4日 (水)

よーーーーやく

ようやく子供達が復活しました。
普段なら3~4日で風邪なんかは治るのに、
丸一週間ぐったりだったわが子達。
なんて恐ろしいウィルスなんだろうっ。

花は一週間近くご飯が食べられずに
体は骨と皮だけになってしまいました(>_<)
見るに堪えられないほどガリガリ。
お風呂に入るたびに悲しくなります。

それにしてもご飯のパワーってすごいね!
食べられないときは布団から起き上がれず
ぐったりだったけど
少し食べられるようになっただけで
あっという間に元気になったよ。
食べ物のありがたみが改めて身に染みました。

さて、アタシも元気にならなきゃ!
病んでいた子たちの看病から脱出でき
やっとホッとする時間ができたのもつかの間
いつものうるさい姉弟喧嘩が戻り、
魔の2歳児は病後からご機嫌ななめで
なんだかちっとも休まる時間がありません・・・。

| | コメント (2)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »