« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

二階建て

110530_103554

オーブンが壊れてしまったので新調しました。

今までは平屋だったけど、今度は二階建て♪

見た目の可愛さに一目惚れで買ったけど
残念ながら、使い勝手はいまいちです。
(下のパン取る時に手が熱いの><)

でもこれ言うと
「せっかく買ったのにまた文句~?」ってオットに怒られるから
内緒でお願いします^^;

| | コメント (4)

2011年6月17日 (金)

お手伝いさん

110605_151345

温の最近のブームは洗濯物を畳むこと。

花も小さい時からよくお手伝いをしてくれたけど
まさか温もやってくれるとは・・・。

お姉ちゃんの服だって畳むんだぜぃ!
でも、上手くできないと後ろに投げちゃうんだぜぃ!

というわけで、ほとんど畳める物はなく(ハンカチくらい)
しかもアタシが畳んだものも自分で引き出しに入れたがり
上手く入らずバラバラになって、また一から畳み直し
ってのがよくあるけど
二人目の余裕ってやつはこんなところで発揮!?
まぁ頑張れるところまで頑張ってみんしゃい
って結構気長に待っていられる。
というよりも、途中で花がうま~く温を助けてくれるので
最後まで見ていなくても大丈夫なところが多かったり。。。

ホントに花ってありがたい。
温にとってはもう一人の「お母さん」だね(^-^)

| | コメント (2)

2011年6月 8日 (水)

花との付き合い方

さて、それで、花の性格がタイプ2だとわかったら・・・。

あぁ~、もう本当にあの優しさも「余計なお節介」も
性格的にしょうがないんだな~って理解できました(笑)

確かに花って、優しいのよね。
口が達者で子憎たらしいことが多くて
毎日イライラするんだけど、
あの優しさがあるから、まぁなんとか許せるっていうか^^;

その優しさがエニアグラムで
「助けてくれる優しさ」であると知ると
も~本当に見る世界が変わる!

考えてみれば、小さいころから花はアタシに一生懸命で
「お母さんの役に立ちたい」ということがあからさまにわかる
手助けをよくしてくれます。
それをアタシは子供特有の「褒められたいから」だろうと思っていたんだけど
でも、性格で人助けを喜びとして生きて行っているとなると
アタシの接し方も今までと一緒ではいけないな~って感じました。

エニアグラムで花のタイプがわかった時から
アタシは花へ「ありがとう」と言うことが、ものすごく多くなりました。
そして、それで喜ぶ花の顔を見落とすことがなくなりました。
感謝されたことをしっかり受け止めている過程があったことに
今更気づきました。
適当な「ありがとう」ではダメ。
花がアタシの喜ぶ顔を見たいのと同じで
アタシも花の喜ぶ顔を見て、初めてそこで
タイプ2へ気持ちが伝わるんだな~と思いました。


行き過ぎてしまう「お節介」も
助けたいって気持ちでやっているって知れば
自然と「ありがとう」って言葉も出てくるのよね~。
花がお節介を焼くたびに
「これがこの子の性格なのね」って思えば、まずはその気持ちに感謝ができる。
そして、しょうがないってあきらめもつく(笑)
今までは、忙しい家事の中で
「そこまでしなくていいのに(>_<)」って事が多くて
本当にイライラしていました。
これが、少しだけ解消。
花のお節介がなくなったわけではないのに
自分の気持ちを違う方にむけるだけで
こんなにも違うのか~って実感。
それから、傷つけずに「そこまではしなくていいんだよ」
ってわかってもらえる言葉を選ぶこともできるようになりました。

どうして、こんなにわかりやすかったことが
今までわからずにいたんだろう。
どれだけ花を傷つけてきちゃったんだろう・・・。
もっと沢山「ありがとう」を言ってあげればよかったな(ノ_-。)

でも、ここで気づいてよかった。
アタシだから、気づかなければならないってことが
本当にいっぱいあった。
花のすべてがこれで解決したわけではないけど
一つでも自分が納得してできることがあって良かったと
心からそう思います。

花の「優しさ」はこれでひとまずオッケィ!
まだほかの部分については、もっともっと勉強して
色々知りたいな~って思います。
知ったうえでの接し方もまたこれから勉強だわ!!

さて、大きな山はもう一つ。
温です(笑)

花の性格がわかりやすかったせいか
温の性格が全然見えてこない。
2年半付き合って「こういう子なのかな~」ってものは
もちろんあるんだけど
もしかするとそれがすべて覆されるような気もする。
性格はオットに似て頑固!
オットは義母が「お金あげるから出て行って」と追い出したほど(笑)
そのオットが「オレによく似ている」というので
義母と似ているアタシは、きっと義母と同じように
温に手こずるのではないか・・・
とまた将来が不安になるタイプ6です・・・(笑)

| | コメント (2)

2011年6月 2日 (木)

信頼を求める私と人を助ける花

110509_140037

最近『エニアグラム』っていうのに興味があって
本を読んだりネットで調べたりしています。
花と温と楽しく過ごす上で、
エニアグラムを知っているのと知らないのとでは
大きな差が出ると、と直感しました。

たぶん普通の人は、子供の性格をよく知っていて
自分の性格と合わせて、あ~したりこ~したりとできるんだろうし、
それによって起こる衝突もまた
「親子なら当たり前の事」と受け止めるのでしょうが
っていうか、そんなことを考えもせずきっと子育てをしているのでしょうが
アタシはそれが上手くできず、
とにかく子育てに疑問がありすぎて
自己嫌悪に陥ったり、子供の将来が不安になったりしてしまうんです。

昔からそうなんだけど
「怒りすぎたな~」と反省したり
「どうしてこんなに子供にイライラするんだろう」
って思うことが本当に多くて疲れてしまう。
エニアグラムはこれをすこ~しだけ解決してくれました。

要するに、花の性格を知って、温の性格を知って
長所と短所を客観的に知る事で
付き合い方をよくしようってことなんです^^;

エニアグラムでは性格は9つのタイプに分けられると言われています。

・タイプ1 「完璧を求める人」(完全主義者)
・タイプ2 「助ける人」(献身家)
・タイプ3 「達成する人」(達成者)
・タイプ4 「個性を求める人」(芸術家)
・タイプ5 「観察する人」(研究者)
・タイプ6 「信頼を求める人」(堅実家)
・タイプ7 「熱中する人」(楽天家)
・タイプ8 「挑戦する人」(統率者)
・タイプ9 「平和を好む人」(調停者)

「 」内はアタシの購入した本に書いてあるタイプ名
( )内は「エニアグラムで自己分析」に書いてあるタイプ名です

それで、色々と調べてみると
アタシはタイプ6の「信頼を求める人」で
花がタイプ2の「助ける人」ということがわかりました。
(温はまだ小さすぎてよくわからなかったです)

さて、タイプ6のアタシのキーワードは「信頼」。

「安定志向で、頼りになる人や考え方、組織を求めます。
これでうまくいったやり方や、多くの人が賛同する意見を
選ぶ傾向があります。「自立して生きていかなくてはいけない」と
思いますが、そのために支えや導きが必要だという矛盾した感覚があります。
真面目で人に気を遣い、安心できる人間関係が大切で
見捨てられることを恐れます。そのために人の期待に応えようと
頑張る傾向があり、相手に合わせすぎて自分の気持ちがわからなく
なります」

と、この一文にゾゾゾーっときました。
おー・・・怖いくらいに、これ、アタシだわw(゚o゚)w

「忠実かと思うと反抗的だったり、疑い深いと思ったら
急に信じ込んだり、慎重かと思うと大胆です。」

と。はい、これもアタシです・・・。

とにかく、自分の考えに矛盾が多く、そして不安も多い。

それから
「タイプ6のとらわれやすい感情は、これから何が起こるかわからない
どうしたらいいかわからないという「不安」です。
その多くは現実に基づいておらず、「こうなるかもしれない」という
憶測にすぎません」
と、ズバッと指摘されています。
これはよくオットにも言われるな~。
なんで、まだ「ない」ことを不安に思うの?って・・・。
でもね、心配なんだもの。
これから自分の身内が病気になったら、とか
自分が死ぬ時に子供たちは大丈夫なんだろうか、とか。
みんな考えて不安になることなんだろうけど
度を超えて不安がるっていうか、
考えすぎて体調を崩すっていうか。
とにかく考えすぎなんだよね。

もちろん、アタシのタイプが6だけってことはなく
診断をすれば、タイプ1やタイプ2も結構高い数値で
どれも「自分」なんです。
でも、その中で一番自分をコントロールしているものや
逆に、それによってコントロールできなくなるっていう感情が
「タイプ6」にピタッとハマるんです。

で、花はタイプ2の「助ける人」に、これもまたピタッときました。
でも、花もアタシによく似た考え方をするので
タイプ6の傾向も十分にあります。

ちなみに、花のタイプ2はこんな傾向の人。

「フレンドリーで面倒見がよく、自分よりも「相手」に意識が
いきがちです。人に近づいていって、相手が必要とするものを察し
提供します。優れた共感能力を持っている反面、気を付けないと
相手のことに入り込みすぎます。自分はどこまで相手に関わるのか
どこまで提供するのか。どこまでが本当の思いやりであり
どこまでがやりすぎで、相手に依存させてしまっているのかを
見極める必要があります。
また健全度が下がると、思い込みが強くなり、相手が本当に必要としている
ことをくみ取るのではなく、自分がいいと思ったことをおしつけるようなります。
誰かに何かをしてあげたとき、相手の顔がぱっと輝いた体験をしているため
自分が人を幸せにできると思ってしまうのです。」

だそうで、これは幼稚園のお友達にも温に対しても
花の行動そのものな気がします。
まぁでもまだ子供で、人格もあやふやだから
これから変っていくものだとは思うのですが。。。
花を「タイプ2」だと客観的に見てみると
あの世話好きも、世話好きが度を超えておせっかいになっていくのも、
どうすればいいかをエニアグラムが教えてくれるのです。

そう、エニアグラムって、ただタイプを判別するだけではなく
そのタイプへのアドバイスや、他のタイプとの付き合い方なども
参考になるように導いてくれるの!
アタシよく、人を観察して「あの人○○型なんだろうな~」
なんて血液型で分類して性格分析をしたりしていたんだけど
エニアグラムの方が、もっとずっと細かくて面白いんです♪

エニアグラムは簡単な質問に答えるだけで
ある程度のタイプを知る事ができます。
皆さんのタイプはどれになるでしょうか?
面白いので興味のある方はぜひやってみてくださいね(o^-^o)

アタシが買った本に出ていた診断の質問はこちら。

質問1

A:自分の目標や目的を達成するにはどうしたらいいかわかっており
実現に向けて突き進む。
ものごとを維持するよりも、率先して新しいことを始める方が多い。
自分が関心を持っていることに周囲の人をひきつけ、話の中心になる。

B:責任感が強く、こうあるべきという意識が強い。周りに気を遣い
相手の状況を見ながら対応する。やるべきことを終えないと
なかなかリラックスできない。

C:自分から人に関わる方ではないが、周りで起きていることには
敏感である。自分の中に独自の考えやイメージの世界を持っており
すぐにその世界に入ることができる。

質問2

D:ものごとは結局なんとかなると思っているが、反面、嫌なことを
あまり見ない傾向がある。

E:自分が冷静になることはむずかしくない。むしろ気持ちをあまり出さず
クールにみられる傾向がこれまでにあった。

F:おかしいと思うことに、すぐ気持ちが反応する。気持ちを発散すると
前に進める。


質問1、質問2から一つずづ選んでください。
質問にすべて合意できなくても、他の二つの文章よりは自分に
当てはまるものを直感的に選択してください。
これまで人生の大半において実際にそうだったという傾向を
答えてください。

結果はこちら。

AD タイプ7
AE タイプ3
AF タイプ8
BD タイプ2
BE タイプ1
BF タイプ6
CD タイプ9
CE タイプ5
CF タイプ4

エニアグラムで自己分析」ではもっと細かな質問で
タイプを判別することができます。

ちなみに、オットはタイプ1の「完璧を求める人」でした。
みんな同じことを考えて、同じような気持ちになったり
同じように生きていくんだろうって思っても
こうして色々な角度から見ていくと
性格って人によって随分違うものなんだな~って実感しました。

ところで。アタシがエニアグラムを知ったきっかけは
人生の先輩ともいえる「ころんさん」のブログです。
面識はなく、ブログを通して数回お話しただけの間柄ですが、
ぜひ友達にも見てもらいたいブログです。
ころんさんは、アタシとさほど年が変わらないのですが
経験も豊かで文才もあり、同じ人間とは思えないほど素敵な方です。
考え方や子育ての仕方など、多くの事をころんさんのブログから
学べて、本当に尊敬できます。
息子さんはとっても可愛く(花と同い年)
ころんさんの育児は見習いたいことが沢山あるのですが
ただ子供を愛している、というだけでなく
「一人の時間もとても大切」と言っているところが
んー、なんていうのかな 
・・・あぁ、こんなに子供が好きで子育てを楽しんでいる人でも
そう思うんだな~って、
肩の力を抜いてもいいんだよね?って思わせてくれるんです^^
ブログには、育児だけでなく、コスメや新商品のモニター、
その他にもいろ~~んな事が載っていてとっても面白いです♪
「Bookmark」に貼ってある「からふるな世界」を
ぜひ見てみてください♪

| | コメント (8)

2011年6月 1日 (水)

温 初めての吸入

今年は早い梅雨入りですね。

我が家は子供たちの咳で、梅雨入りがわかります。
なんとなく鼻水が出てきたな~って思うと咳が始まって
梅雨が始まりました。
全然嬉しくない梅雨入り情報です。。。

さて、温が先週から咳をしだしました。
昼間はあまり出ないんだけど、夜は結構酷くて
何度も目を覚ますので
久しぶりに病院に行ってきました。
久しぶりって言っても、先日のロタ以来なので一ヶ月ぶりくらい
なんだけどね。

先生に胸の音を聞いてもらったら
そんなにぜーぜーはしていないんだけど
淡が少し絡まっているとのことで
初めて温も吸入をしてきました。

普段、大人しくしていることは苦手で
抑えつけられたら手が付けられないほど暴れるんだけど
花が毎晩やっている吸入が憧れだったのか
(いじりたがって本当に困る)
吸入器を当ててもまったくグズらず、
しかも自分で持って6分間耐えてくれました。
意外~~☆楽チーン!

花は毎晩吸入をしているおかげか
まだ鼻水のみで頑張っていますが
そろそろ咳が出てくる頃だと思います。
去年はこの時期に喘息で咳が酷くなって肺炎で入院となったので、
今年はあそこまでひどくならないといいな~。

喘息持ちには嫌~な季節が始まりました。
暑いのは嫌だけど、早く梅雨が明けて夏がこないかな。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »