« 温 初めての吸入 | トップページ | 花との付き合い方 »

2011年6月 2日 (木)

信頼を求める私と人を助ける花

110509_140037

最近『エニアグラム』っていうのに興味があって
本を読んだりネットで調べたりしています。
花と温と楽しく過ごす上で、
エニアグラムを知っているのと知らないのとでは
大きな差が出ると、と直感しました。

たぶん普通の人は、子供の性格をよく知っていて
自分の性格と合わせて、あ~したりこ~したりとできるんだろうし、
それによって起こる衝突もまた
「親子なら当たり前の事」と受け止めるのでしょうが
っていうか、そんなことを考えもせずきっと子育てをしているのでしょうが
アタシはそれが上手くできず、
とにかく子育てに疑問がありすぎて
自己嫌悪に陥ったり、子供の将来が不安になったりしてしまうんです。

昔からそうなんだけど
「怒りすぎたな~」と反省したり
「どうしてこんなに子供にイライラするんだろう」
って思うことが本当に多くて疲れてしまう。
エニアグラムはこれをすこ~しだけ解決してくれました。

要するに、花の性格を知って、温の性格を知って
長所と短所を客観的に知る事で
付き合い方をよくしようってことなんです^^;

エニアグラムでは性格は9つのタイプに分けられると言われています。

・タイプ1 「完璧を求める人」(完全主義者)
・タイプ2 「助ける人」(献身家)
・タイプ3 「達成する人」(達成者)
・タイプ4 「個性を求める人」(芸術家)
・タイプ5 「観察する人」(研究者)
・タイプ6 「信頼を求める人」(堅実家)
・タイプ7 「熱中する人」(楽天家)
・タイプ8 「挑戦する人」(統率者)
・タイプ9 「平和を好む人」(調停者)

「 」内はアタシの購入した本に書いてあるタイプ名
( )内は「エニアグラムで自己分析」に書いてあるタイプ名です

それで、色々と調べてみると
アタシはタイプ6の「信頼を求める人」で
花がタイプ2の「助ける人」ということがわかりました。
(温はまだ小さすぎてよくわからなかったです)

さて、タイプ6のアタシのキーワードは「信頼」。

「安定志向で、頼りになる人や考え方、組織を求めます。
これでうまくいったやり方や、多くの人が賛同する意見を
選ぶ傾向があります。「自立して生きていかなくてはいけない」と
思いますが、そのために支えや導きが必要だという矛盾した感覚があります。
真面目で人に気を遣い、安心できる人間関係が大切で
見捨てられることを恐れます。そのために人の期待に応えようと
頑張る傾向があり、相手に合わせすぎて自分の気持ちがわからなく
なります」

と、この一文にゾゾゾーっときました。
おー・・・怖いくらいに、これ、アタシだわw(゚o゚)w

「忠実かと思うと反抗的だったり、疑い深いと思ったら
急に信じ込んだり、慎重かと思うと大胆です。」

と。はい、これもアタシです・・・。

とにかく、自分の考えに矛盾が多く、そして不安も多い。

それから
「タイプ6のとらわれやすい感情は、これから何が起こるかわからない
どうしたらいいかわからないという「不安」です。
その多くは現実に基づいておらず、「こうなるかもしれない」という
憶測にすぎません」
と、ズバッと指摘されています。
これはよくオットにも言われるな~。
なんで、まだ「ない」ことを不安に思うの?って・・・。
でもね、心配なんだもの。
これから自分の身内が病気になったら、とか
自分が死ぬ時に子供たちは大丈夫なんだろうか、とか。
みんな考えて不安になることなんだろうけど
度を超えて不安がるっていうか、
考えすぎて体調を崩すっていうか。
とにかく考えすぎなんだよね。

もちろん、アタシのタイプが6だけってことはなく
診断をすれば、タイプ1やタイプ2も結構高い数値で
どれも「自分」なんです。
でも、その中で一番自分をコントロールしているものや
逆に、それによってコントロールできなくなるっていう感情が
「タイプ6」にピタッとハマるんです。

で、花はタイプ2の「助ける人」に、これもまたピタッときました。
でも、花もアタシによく似た考え方をするので
タイプ6の傾向も十分にあります。

ちなみに、花のタイプ2はこんな傾向の人。

「フレンドリーで面倒見がよく、自分よりも「相手」に意識が
いきがちです。人に近づいていって、相手が必要とするものを察し
提供します。優れた共感能力を持っている反面、気を付けないと
相手のことに入り込みすぎます。自分はどこまで相手に関わるのか
どこまで提供するのか。どこまでが本当の思いやりであり
どこまでがやりすぎで、相手に依存させてしまっているのかを
見極める必要があります。
また健全度が下がると、思い込みが強くなり、相手が本当に必要としている
ことをくみ取るのではなく、自分がいいと思ったことをおしつけるようなります。
誰かに何かをしてあげたとき、相手の顔がぱっと輝いた体験をしているため
自分が人を幸せにできると思ってしまうのです。」

だそうで、これは幼稚園のお友達にも温に対しても
花の行動そのものな気がします。
まぁでもまだ子供で、人格もあやふやだから
これから変っていくものだとは思うのですが。。。
花を「タイプ2」だと客観的に見てみると
あの世話好きも、世話好きが度を超えておせっかいになっていくのも、
どうすればいいかをエニアグラムが教えてくれるのです。

そう、エニアグラムって、ただタイプを判別するだけではなく
そのタイプへのアドバイスや、他のタイプとの付き合い方なども
参考になるように導いてくれるの!
アタシよく、人を観察して「あの人○○型なんだろうな~」
なんて血液型で分類して性格分析をしたりしていたんだけど
エニアグラムの方が、もっとずっと細かくて面白いんです♪

エニアグラムは簡単な質問に答えるだけで
ある程度のタイプを知る事ができます。
皆さんのタイプはどれになるでしょうか?
面白いので興味のある方はぜひやってみてくださいね(o^-^o)

アタシが買った本に出ていた診断の質問はこちら。

質問1

A:自分の目標や目的を達成するにはどうしたらいいかわかっており
実現に向けて突き進む。
ものごとを維持するよりも、率先して新しいことを始める方が多い。
自分が関心を持っていることに周囲の人をひきつけ、話の中心になる。

B:責任感が強く、こうあるべきという意識が強い。周りに気を遣い
相手の状況を見ながら対応する。やるべきことを終えないと
なかなかリラックスできない。

C:自分から人に関わる方ではないが、周りで起きていることには
敏感である。自分の中に独自の考えやイメージの世界を持っており
すぐにその世界に入ることができる。

質問2

D:ものごとは結局なんとかなると思っているが、反面、嫌なことを
あまり見ない傾向がある。

E:自分が冷静になることはむずかしくない。むしろ気持ちをあまり出さず
クールにみられる傾向がこれまでにあった。

F:おかしいと思うことに、すぐ気持ちが反応する。気持ちを発散すると
前に進める。


質問1、質問2から一つずづ選んでください。
質問にすべて合意できなくても、他の二つの文章よりは自分に
当てはまるものを直感的に選択してください。
これまで人生の大半において実際にそうだったという傾向を
答えてください。

結果はこちら。

AD タイプ7
AE タイプ3
AF タイプ8
BD タイプ2
BE タイプ1
BF タイプ6
CD タイプ9
CE タイプ5
CF タイプ4

エニアグラムで自己分析」ではもっと細かな質問で
タイプを判別することができます。

ちなみに、オットはタイプ1の「完璧を求める人」でした。
みんな同じことを考えて、同じような気持ちになったり
同じように生きていくんだろうって思っても
こうして色々な角度から見ていくと
性格って人によって随分違うものなんだな~って実感しました。

ところで。アタシがエニアグラムを知ったきっかけは
人生の先輩ともいえる「ころんさん」のブログです。
面識はなく、ブログを通して数回お話しただけの間柄ですが、
ぜひ友達にも見てもらいたいブログです。
ころんさんは、アタシとさほど年が変わらないのですが
経験も豊かで文才もあり、同じ人間とは思えないほど素敵な方です。
考え方や子育ての仕方など、多くの事をころんさんのブログから
学べて、本当に尊敬できます。
息子さんはとっても可愛く(花と同い年)
ころんさんの育児は見習いたいことが沢山あるのですが
ただ子供を愛している、というだけでなく
「一人の時間もとても大切」と言っているところが
んー、なんていうのかな 
・・・あぁ、こんなに子供が好きで子育てを楽しんでいる人でも
そう思うんだな~って、
肩の力を抜いてもいいんだよね?って思わせてくれるんです^^
ブログには、育児だけでなく、コスメや新商品のモニター、
その他にもいろ~~んな事が載っていてとっても面白いです♪
「Bookmark」に貼ってある「からふるな世界」を
ぜひ見てみてください♪

|

« 温 初めての吸入 | トップページ | 花との付き合い方 »

コメント

長文になります・・・(汗)

私も調べたら花ちゃんと同じタイプ2(助ける人)でした・・・。
ちょうど花ちゃんも2だったからブログ(タイプ2の人)を読んでいてあたっている・・・。とおもったよ。
家族間でも一度疑うと信用できないんだよね・・・。
これは長男に対してなんだけどね。性格が似ているところがあって(落ち着かないというか家にいることが嫌いでいっつも外に行っている)今日明日とテストなんだけど週末に台風なのに大学祭にいったりして勉強をしていないんだよね。
友達がたくさんいてこれじはこれでいいんだけど、あまりにもいないから本当に疲れる。現にたった今も電話があって
「A君が図書館で一緒に勉強しようといっているけどいい?」と一人ではいられない。結局友達と図書館いっても遊びにいっているんだよね(図書館と徒歩1分のところに自宅があるのでいるのかわかるんだよね。チャリでいくっていうのも怪しいし、チャリがないので図書館にいったといってもうそってすぐわかる。)そういうことから信用できないんだよね・・・。

長文になりましたが、とりあえずタイプ2はどのようにすればいいのかな?
今度暇があったら簡潔に教えてね(笑)

投稿: さとみん | 2011年6月 2日 (木) 12時47分

とっても興味深い本だわねぇ~
ちなみに私もタイプ2だった。私ってそうかね? 笑

今私が読んでいる本は「男の子って、どうしてこうなの?」と言う本です。図書で借りたんだけど、この本みつけた時、「今私が思っている事そのものなタイトルじゃん!」と思って速攻借りたよ・・・
今まさに、男子の育児に迷える子羊です。笑

投稿: まお母 | 2011年6月 2日 (木) 20時53分

訂正します。
私はタイプ7の楽天家だった! 笑
うん、こっちなら納得!!

投稿: まお母 | 2011年6月 2日 (木) 21時08分

おひさー。ご無沙汰してまふ。

何やら心理ゲームみたいで面白そうだね。
あたしはタイプ2で花と一緒だったよ。w

花も温もお大事にね♪
温は吸入5分以上もじっとしていられたなんて凄い!!

投稿: のぶこ | 2011年6月 2日 (木) 23時03分

早速、親子で診断してみたよ♪結果は…
私は「タイプ6」、カズは「タイプ9」だったよ(^o^)
愛ちゃんとは、つい先日「お互い性格が似てるよね。先々の事まで心配しちゃうところなんて…」と話したばかりだったから、この結果に納得だよ。で、カズ!この子は間違いなく「タイプ9」だわ!とても興味深い内容でした。機会があれば是非読んでみたいわ(#^.^#)

投稿: かずきち | 2011年6月 3日 (金) 09時07分

わぁ~、記事でのご紹介をありがとうございます!照れながら読みました。

タイプ6は、根拠のない不安を持っていますが、逆にタイプ2は根拠のない自信があったりして、なかなか面白いですよね(笑)

タイプ1,2,6は、追従グループといって、何か権威とか正しいもの(外的存在であれ、自分自身の理想であれ)に、従っていく傾向があるんですよね。
「こうあるべき」「これが求められている」「こうしなくちゃいけない」みたいな発想というか。

子育てのことを、深く真面目に考えられている愛さん素晴らしいです。タイプ6の方は、人好きがして暖かく優しく、可愛らしくて私の憧れです♪

タイプ2の娘さんなら、小さい頃から世話好きお節介さんで、まずは自分でしょ!と言いたくなるくらい(笑)他の子のことばかり見てますよね。

そんなタイプ2の子は、実は人のことばかり気にしたりして、気疲れすることが多いんですって。
なので、タイプ4の方向を意識し、1人でゆっくり手作業とかピアノやお絵描きなどアートで自分自身のハートに向き合う時間を保つと良いみたいですね(^^)。

タイプ2は基本的に勝ち気というか強いタイプが多いので、他者いに対して上から目線だったり、自分の力を過信して無茶をやることも多い。
そんな子に対してガツンと押さえようとして感情的に叱ると、ギャーっと大反抗になるので、ゆっくり丁寧に理性的に教え諭すのが良いですね。タイプ2はとても感情的なので、その感情を理性でコントロールするお手本を、親とか目上の人が示すのが大事っぽいです。

誰か尊敬できる人が居ると、タイプ2はとても落ち着くし、その人の言うことを良く効くので、そういう人が身近にいると良いですね~。これは学童期以降、特にそう思います。

基本、人に役に立って「ありがとう」と言われたいので、「おかげで助かるわ」のように接して、さらに、適切に相手の役に立つには、相手の状況を良く考え、自分が手助けした結果どうなるかについても、ゆっくり考える機会を与えてあげたいな~と思います(^^)。
そして、一歩引いて相手の力を信頼して待つことも大事だ、ということも、親こそが本人に対して「あなたはそのままで良いのよ」というスタンスで接しながら伝えられると良いですね。
タイプ2は「自分は◎◎して感謝されないと自分の存在価値がない」と思いやすいかもしれないので。

タイプ2も6も他者からの承認依存になることが多いので、そのあたり自覚してるだけでも違うかもしれません~。

な~んてエニア的話題になると止まらなくなっちゃって!ビョーキの域です(汗)長文失礼しました~~。

投稿: ころん | 2011年6月 8日 (水) 12時27分

さとみん>
さとみんもタイプ2なんだね!
アタシ、娘の研究で少しだけタイプ2の接し方がわかったよw
内容はちょっと長くなったのでmixiのほうにメールしておきました~。
そちらを読んでね^^

まお母ちゃん>
まお母ちゃんはタイプ7か~!
好奇心が強くて新しいことが大好きってところは
まお母ちゃんならではって感じだわ♪
人生はなんとかなるっていう前向きな姿勢も
アタシとは違うよね^^
男の子の育児は、アタシも同じように悩んでいるよ><
あまりにも花と違いすぎる!!
体当たりで痛いことが多く、がさつで甘ったれ。
花もびーびーよく泣いていたけど、花とは違う感じで
ベタベタズルズルダラダラ・・・
もう脳みそが完全に女の子とは違うんだな
って最近実感しまくりだよ、トホホ。

のぶこ>
のぶこも花と同じでタイプ2だったんだね^^
確かにのぶこは人の心配をよくしているよね。
でもアタシ、タイプ7や8なんかものぶこっぽい気がするよ!

かずきちちゃん>
アタシと同じだよね~やっぱりwww
とにかく、キーは「不安」なんだよね><
同じ気持ちでいつもいるのかと思うと妙に心強いよ^^;
カズくんはこれまたタイプ9にピタっとくるね~!!
でもタイプ4の気もちょっとありそう!
詳しくは今度本を貸すので見てみてね♪


投稿: 愛 | 2011年6月 8日 (水) 21時46分

ころんさん>
さらにまたここで、先生のような導きっっ!
ありがとうございます♪
ころんさんの「ビョーキの域」(笑)が本当に勉強になります。
娘のタイプ2は、もう本当にころんさんの言う通り
「人の事よりまずは自分のこと><!」ですし
「根拠のない自信」もそうだし、尊敬できる人が近くにいれば落ち着くっていうのも
なんだかわかる気がします。
だから、私が異様なまでに
「正しい育児を」と思っちゃうのかも知れないです。
今娘が一番お手本とし尊敬するのは
(単純に「すごいな~」と思えるのは)親だと思うんです。
娘の根底にある安心感や自信は、物事を割と軽く考えるオット
ではなく、私から得ていると実感します。
大きくなってからではなくてもいいので、今娘が尊敬できる人物に私がなれたら、タイプ2の娘が一番健やかに育つ気がするんです^^(って、これはどのお子さんもそうですよね^^)
そのためには、まず自分の性格をよく知らなければ・・・なんですよね~。(客観的に)
幼稚園でも人との付き合い方や人のことばかりを気にして
気疲れしているのがよくわかります。
だから、私が娘との接し方を理解して、お家を少しでも安らげる場に
しなければって思います。
ただ、娘の世話好き?お節介?は弟をわがままにしていくばかりで・・・^^;
息子の欲するものをいち早く察知して与えてしまうので
ちっとも我慢ができない子に育っています(笑)
度が過ぎることには上手く違う道へ誘導していってあげないとな~・・・。

ところで・・・、ころんさんの言う
「1人でゆっくり手作業とかピアノやお絵描きなど」が
娘は大好きです。
ワ~~~~って他人と関わって遊ぶのもすごく好きなんですが
突然「工作」「お絵かき」「ピアノ」をやり始めるんです。
これって、うまく自分の中で調和を保とうとしている証拠なのかしら。
だとしたら、すごいっっ。
私なんてストレスをどう発散していいかわからず
ついついため込んでしまうのに・・・。

投稿: 愛 | 2011年6月 8日 (水) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温 初めての吸入 | トップページ | 花との付き合い方 »