« 信頼を求める私と人を助ける花 | トップページ | お手伝いさん »

2011年6月 8日 (水)

花との付き合い方

さて、それで、花の性格がタイプ2だとわかったら・・・。

あぁ~、もう本当にあの優しさも「余計なお節介」も
性格的にしょうがないんだな~って理解できました(笑)

確かに花って、優しいのよね。
口が達者で子憎たらしいことが多くて
毎日イライラするんだけど、
あの優しさがあるから、まぁなんとか許せるっていうか^^;

その優しさがエニアグラムで
「助けてくれる優しさ」であると知ると
も~本当に見る世界が変わる!

考えてみれば、小さいころから花はアタシに一生懸命で
「お母さんの役に立ちたい」ということがあからさまにわかる
手助けをよくしてくれます。
それをアタシは子供特有の「褒められたいから」だろうと思っていたんだけど
でも、性格で人助けを喜びとして生きて行っているとなると
アタシの接し方も今までと一緒ではいけないな~って感じました。

エニアグラムで花のタイプがわかった時から
アタシは花へ「ありがとう」と言うことが、ものすごく多くなりました。
そして、それで喜ぶ花の顔を見落とすことがなくなりました。
感謝されたことをしっかり受け止めている過程があったことに
今更気づきました。
適当な「ありがとう」ではダメ。
花がアタシの喜ぶ顔を見たいのと同じで
アタシも花の喜ぶ顔を見て、初めてそこで
タイプ2へ気持ちが伝わるんだな~と思いました。


行き過ぎてしまう「お節介」も
助けたいって気持ちでやっているって知れば
自然と「ありがとう」って言葉も出てくるのよね~。
花がお節介を焼くたびに
「これがこの子の性格なのね」って思えば、まずはその気持ちに感謝ができる。
そして、しょうがないってあきらめもつく(笑)
今までは、忙しい家事の中で
「そこまでしなくていいのに(>_<)」って事が多くて
本当にイライラしていました。
これが、少しだけ解消。
花のお節介がなくなったわけではないのに
自分の気持ちを違う方にむけるだけで
こんなにも違うのか~って実感。
それから、傷つけずに「そこまではしなくていいんだよ」
ってわかってもらえる言葉を選ぶこともできるようになりました。

どうして、こんなにわかりやすかったことが
今までわからずにいたんだろう。
どれだけ花を傷つけてきちゃったんだろう・・・。
もっと沢山「ありがとう」を言ってあげればよかったな(ノ_-。)

でも、ここで気づいてよかった。
アタシだから、気づかなければならないってことが
本当にいっぱいあった。
花のすべてがこれで解決したわけではないけど
一つでも自分が納得してできることがあって良かったと
心からそう思います。

花の「優しさ」はこれでひとまずオッケィ!
まだほかの部分については、もっともっと勉強して
色々知りたいな~って思います。
知ったうえでの接し方もまたこれから勉強だわ!!

さて、大きな山はもう一つ。
温です(笑)

花の性格がわかりやすかったせいか
温の性格が全然見えてこない。
2年半付き合って「こういう子なのかな~」ってものは
もちろんあるんだけど
もしかするとそれがすべて覆されるような気もする。
性格はオットに似て頑固!
オットは義母が「お金あげるから出て行って」と追い出したほど(笑)
そのオットが「オレによく似ている」というので
義母と似ているアタシは、きっと義母と同じように
温に手こずるのではないか・・・
とまた将来が不安になるタイプ6です・・・(笑)

|

« 信頼を求める私と人を助ける花 | トップページ | お手伝いさん »

コメント

私も、この時期にカズの性格が分かり、今後の育児に対して今までよりストレスを感じずに出来る気がするよ♪
そして、お借りしてる本で今は旦那を研究中よ。こっちも大切だもんね(^_^)
もう少々、お借りしますm(__)m

投稿: かずきち | 2011年6月15日 (水) 13時51分

かずきちちゃん>
エニアグラムは少し他のものより信憑性があって
これを知ると、今まで子育てで戸惑ったりストレスを感じていたことが
ちょっと解消されるんだよね^^
そして、変わり映えのない育児に少し楽しみが出てくるんだよね♪
対子供も大切だけど、対夫もとても大切よ!(笑)
アタシは逆に「アタシはこういう性格だから、こういう風に接して」と
オットにお願いしたい。
と思うほど、「タイプ6の付き合い方」がアタシそのものだよ・・・。

投稿: 愛 | 2011年6月16日 (木) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信頼を求める私と人を助ける花 | トップページ | お手伝いさん »