« New!ケシポン | トップページ | 雨の日でも青空♪ »

2011年11月25日 (金)

ぷらざ

我が家は読売新聞を購読しているのですが
ちょうど真ん中ら辺にある「くらし」のページに記載されている
「ぷらざ」にはいつもほろりとくる記事が載っていて
朝からほっこりと幸せになれたり
「今日も頑張ろう!」って思えたりします。

でも今朝の「ぷらざ」はほっこりや「プチ幸せ」ではなく
アタシは朝から号泣でした。

内容は3月にあった津波での出来事。
11月12日に掲載された内容に大きな反響が寄せられたので
今日再び掲載されていました。


『母にささげる私の誕生日』

10月29日は私の誕生日。去年、チョコレートシフォンケーキを
用意して待っていてくれた母に、私は「バニラの方が好きなのに」。
目が悪く体も弱い母が探してきてくれたのに不満ばかり言っていた。

でも、今年になって分かった。
誕生日は産んでくれた母に感謝する日なのだと。
母は3月の震災で逝った。
迫り来る波を背に、私の娘を車に押し込み「生きろ」「バンザイ」
と叫んで流されていった。
携帯電話にある「ババ」の番号にかけて、大きな声で言った。
「お母さん、産んでくれて本当にありがとう」


投稿者さんは、ダウン症の娘さんとお父さんとお母さんと暮らしており、
地震発生時は高台にある保育園にいたので難を逃れたそうですが
激しい揺れの直後、津波が来ることに気付いたお母さんは
娘さんを車に押し込み、「自分はいいから、すぐに車を出せ」と
お父さんに言ったそうです。
「生きろ」「バンザイ」と叫ぶ声は、アクセルを踏むお父さんが聞いたとのこと。

お母さんは自分一人が残り、
どんな気持ちで「バンザイ」と叫んだのか・・・。
考えただけでも涙が止まりませんでした。


先日アタシは母と喧嘩しました。
しばらくは口も利きたくないと思うほど怒り心頭だったけど
今思えば、ホントに他愛もない事。
ただ、うちはお姑さんがとても優しいので
母のそっけない態度には今まで何度も悲しくなったりしていて。。。

でも、母もこの投稿者のお母さんと同じような境遇にあったら
自分の命よりも孫の命を生かしてくれると確信できる。
アタシが同じことになったら、アタシも同じようにするのだと思った時、
この意志は間違いなく両親から受け継いだものだと思いました。
沢山の愛情を今まで親からもらってきたのだと、
考えなくてもそう感じて感謝していた気持ちだけど
こうしてまた改めて感じたことに、とても温かい気持ちになりました。
と同時に、東北の方では震災で失った命が
どれだけかけがえない命だったのだろうか・・・。
今ある自分の命の大切さや、
自分が守らなければならない命がどれだけ周りにあるか、
しっかり心に受け止めておかなければならないなとも思いました。

母にはいつも感謝の気持ちでいっぱいですが
今日もまた、誕生日ではないけれど
いつも、いつも
「私を産んでくれてありがとう」と思っていたい。

そして、いつも花と温に優しいお姑さんにも
母と同じように感謝したいです。

|

« New!ケシポン | トップページ | 雨の日でも青空♪ »

コメント

父が他界し、自分に子供ができ、
命について考える機会が増えたけど、
今回の震災では沢山の命が奪われ考えさせられる
ことばかり。阪神淡路では2人の親戚をあたしはなくしたよ。
記事の娘さん、お母さんの分も長生きしてほしいね。

あたしもしょっちゅー、ばぁばと喧嘩だよ。
その度に、『明日から急に会えなくなったら・・・・』とか
反省するけど、また喧嘩・・・・・。いかんね。
そしてあの震災から『生まれてきてくれて、ありがとう!』と
毎日ブーとケンに言って、ほっぺにブチューしてます。

投稿: のぶこ | 2011年11月25日 (金) 23時30分

のぶこ>
アタシはそんなにおかんと会わないから喧嘩も少なくなったけど
実家に住んでいたころは、顔を合わせるたびに喧嘩していたよ。
他人に言われても平気な言葉が
母親に言われると許せない・・・なんてことが多いんだよね><
でも、子供を産んで、母親の偉大さがわかったわ。
アタシも花や温から「産んでくれてありがとう」と思ってもらえるように
一生懸命育児を頑張ろうと思ったよ!

投稿: 愛 | 2011年11月30日 (水) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New!ケシポン | トップページ | 雨の日でも青空♪ »